読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漕ぐ力

自転車を漕ぐ力とは? 弱体化する肉体とともにそんなことを考えつつサドルに跨る日々を綴っていきたいと思います。

First ride in snow

それは1週間前にやってきました。

スポーツバイクの常で、欲しいモデルがすぐに手に入るなんてことはそうそうありません。このバイクも、基本的には受注生産。当然在庫なく、一度は諦めてました。

ファットバイク

寄せては返す、物欲の波。

ファットボーイか、カーボンフレームのキャニオンにしようか・・・、

それとも今回はやめて来年モデルを待つか・・・、とか考えてましたが、

レックに詳しく問い合わせしてもらうと、まさかの在庫が1台!

ということで、正月休み明けに発注。

 

カミさんには最後の1台ということで・・・。

 

すぐ届いて、すぐ組んでもらって、週末、雪。

行かんとだめでしょう、初ライドしてきました。

門くん、どりさんと合流して入りましたが、昨年と違って重めの雪だったので押すことの多い上りでした。

ファット先輩の門くんが、うまいことガシガシ登っていく感じでしたね。

どりさんも、27.5で厳しそうですが、乗車率、ファット比で7~8割くらい?

実はファットとの乗車率の差は意外に小さいという・・・。

 

そこんところ、今までファット購入に踏み切れなかった理由の一つなんですよね。

今のオフ車と同じ所走って同じような事するのに、必要なのか?と。

とりあえずは展望台まで。ビューピュー強風が吹いていて、湯を沸かすどころではなくてすぐに下りました。

そして、下りでファットの面白さが1つ凄いよくわかりました。

29erでも下りは面白いんですが、ファットだとタイヤが雪に刺さらないので、滑ってもザザッて感じで気持ちいい! 雪でコケても大丈夫なんでオーバースピード気味に突っ込んでも、意外にスムーズに曲がれたりして、これは新感覚でしたね。

無事に下山して解散したあとは、かなりエア圧を下げたタイヤをブリブリいわしながら帰りましたが、ボヨンボヨンとタイヤを弾ませながら走るのも楽しくて仕方なかったですね。

楽しすぎる、そしてカッコよすぎるファーリー7でした。